コア・クリーン

»特色 | »製品ラインアップ | »関連リンク

kc4000
コア・クリーンは除菌洗浄水の生成装置です。
普通の水道水を、高い除菌洗浄効果を持った
『微酸性次亜塩素酸水』へと生まれ変わらせます。
『微酸性次亜塩素酸水』はアルコールをはるかにしのぐ消毒効果を持ちますが
人体への影響はなく、ランニングコストも大幅に下回ります。
コア・クリーン自体もコンパクトで、手洗い場所に簡単に設置可能です。

特色

微酸性次亜塩素酸水の特色

fig_s_chlorine
  • 除菌効果の高い『次亜塩素酸』を安定した状態で含有していることが特徴です。
    食品の洗浄などに広く使われている『次亜塩素酸ナトリウム』よりも
    次亜塩素酸を多く含んでいるので短時間で殺菌効果を発揮できます。
  • 酸性が強くなりすぎるとガス化して匂いを伴いますが、
    微酸性次亜塩素酸水はあくまでも「微酸性」なので
    匂いもなく扱いやすくなっています。
  • 食品添加物として認定を受けており、人体への影響はありません。
    (飲料用ではありませんが万が一口に含んでも健康に問題は生じません。)

殺菌効果及び他種殺菌料との比較データ

  • コア・クリーン生成水の除菌性能
    ※数値はすべて1mlあたりの生菌数  試験依頼先:(財)食品薬品安全センター秦野研究所

    試験菌 初発菌数 60秒後
    腸管出血性大腸菌 1.5×106 <10
    サルモネラ菌 1.6×106 <10
    黄色ブドウ球菌 1.4×106 <10
    メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) 2.6×105 <10
    緑膿菌 1.2×106 <10
    セレウス菌(芽胞) 8.5×104 (10分後) 2.2×102
    (30分後) 7.5×101
    黒かび 1.2×104 1.3×102
  • 代表的な殺菌料として使用されている、次亜塩素酸ナトリウムやアルコールとの比較は、下記のようになります。

製品ラインアップ

コア・クリーンは2機種ご用意しております。

KC-4000 KCM-2500
KC-4000 KCM-2500
1分間で4リットル 微酸性次亜塩素酸水生成量 1分間で2.5リットル
280(W)×165(D)×370(H) 外形寸法 (mm) 270(W)×110(D)×303(H)
6.0 本体重量 (kg)3.6 3.6
70 消費電力 (W) 60
  • いずれも添加液を使用します。添加液は別売で、おもに塩酸を希釈したものです。
    濃度が低いため、特別な対応は必要ありません。
  • 添加液1リットルで、800リットルの生成水を作ることができます。
  • ランニングコストは、生成水1リットルあたり2円前後となります。
  • いずれも非接触のハンドセンサー付きですので、機器に触れることなく、衛生的な使用が可能です。

関連リンク

コア・クリーン関連企業

※コア・クリーンは株式会社コアテックの登録商標です。